ちらしのうらのせかい

特撮のことから日常のあれこれまで、気ままに綴っていきます

仮面ライダーリバイス第37話「激戦必至!決死の悪魔奪還ミッション!」感想

前回分はこちら。

chirashinoura-world.hatenablog.com

 

民衆への演説

 相変わらず赤石劇場の胡散臭さは半端ないけど、わざわざハッキングして流したウィークエンドの演説も正直同じくらい胡散臭い...「胸に手を当てて考えてください」とか「自由を守りましょう」とかじゃ具体的に何を伝えたいのか分からなくて民衆としてはどちらにもついていけないでしょ。
今のところウィークエンドが活躍したと思えるような場面がほとんどないのがすごくもったいないですね。アジトでモニター見てるシーンが多いから余計そう感じるのかもしれないけど。牛島母も一時期全く出なくなったなと思ったら最近また急に出てきたり、ちょっとよく分からん。
花や光も、今回ギフジュニアとの戦いで撃破数競おうとしてて緊張感ないし、なんかズレてるんだよなあ。。そもそも敵怪人がギフジュニアやギフテリアンばっかりで全然新しい怪人出てこないのも戦闘シーンがつまらなくなってる原因なんですよね。各怪人の攻略の仕方とかそういったところにも面白さってあると思うのに。

 

狩崎親子の背負うもの

 ギフの細胞を人間に移植した理由を問われ、悪魔の囁きに耳を貸してしまった結果だと答える狩崎父。それに対して「ここで正義を盾にするなら帰っていたよ」と返すジョージは良かったなと思う一方で、そう言うのであればジョージもちゃんと自分の非について上司(赤石長官)のせいにせずヒロミに謝らないと筋が通らないよなとも思ったり。
狩崎父が素顔をジョージに見せて「これが悪魔に手を貸し家族を捨てた男の末路」と告げたとき、ジョージは「消えない傷を負っているのはあんただけじゃないんだよ!」と声を荒らげていたので、もしかしたらヒロミに対する懺悔の念もあったりするのでしょうか。


バリッドレックスの強化

 ギフデモスを凍らせて捕獲するために、氷の力を強化したバリッドレックスを使うというくだり。持て余していた中間フォームをここで活用するの自体は悪くないし、バイスもリバイと同時にバリッドレックスゲノムになれるようになったことで強化されたのが視覚的にもわかるのは良い。
一方で、ボルケーノレックスの持て余し感がより際立ってしまっている節もありなんとも歯がゆいところ。個人的には挿入歌含めてボルケーノレックス好きなんですが、今となってはフェーズ3の分離もリバイスでできるし(なんならジャンヌもハシビロコウでできるように)、強さ的にもリバイスが上だし、ボルケーノレックスだからできることが現状なくなってしまったので。。。

 

朱美さんの退場

 正直ここまで引っ張ったので救えるものだと思っていましたがあっけなく退場してしまいましたね朱美さん。退場自体の是非はともかく、この辺りの話結構突っ込みどころ多いんですよね。
まずギフを倒すためにはギフの力(細胞)が必要って言ってましたが、ギフの末裔である一輝たちにはそもそもギフの力(細胞)をもう持ってるもんだと思ってたけど、何が違うのかよくわからない。一輝たちにはギフの遺伝子はあるけどギフの細胞はないの?うーん。

そして朱美さんの死を巡っての内輪揉め勃発。まあ大二視点だと、部下からリバイスとギフデモスが戦っている動画だけ見せられたら誤解もするでしょう。ただでさえここ最近の扱い酷くてメンタル的にもボロボロだろうし。となるとなんで一輝は朱美さんに聞いた方法をちゃんと大二に話さなかったのかという話になってくるんですよ。大二に協力してもらえてれば今回だって朱美さんを助けられたはずだし。
まあ五十嵐三兄妹は全体的に話し合いというか情報共有しなさすぎですね。これまでを振り返ってもさくらはウィークエンドのこと全然話さないし大二は赤石長官のことを話さないし。
そもそも、「朱美さん、少し待っててください」ってリバイとバイス二人とも朱美さんの元から離れるのも違うでしょ。あまりにも無策というかなんというか。。朱美さんの遺言も抽象的なことしか言ってなくて、せめて一輝の誤解を解くような一言くらい言ってやれよと思う。一時退場したときのヒロミもそうだったけど。

 

ただただ話の流れが雑だなと感じてしまった一幕でした。

さいごに

 朱美さんの死を巡る内輪揉めの最中舞い戻ってきたヒロミ。戻ってくるタイミングとしては良かったと思う一方で、あそこでのセリフが「ただいま」でいいんだろうかという気はしなくもない笑
あとは体年齢80歳という問題を解決しないと戦力にはなれなさそうなのは懸念点。次回は大二のフォローに回るようですが、立ち位置として玉置たちみたいな後方支援ポジションになるのかどうかは気になるところ。