ちらしのうらのせかい

特撮のことから日常のあれこれまで、気ままに綴っていきます

仮面ライダーリバイスを振り返って

はじめに

 前作が個人的にひどく残念だったこともあり、仮面ライダーバイスは何とか挽回してほしいと思いながら見ていた作品でした。序盤は話のテンポも良く(ゲスト周りの話はかなりバッサリ削ぎ落としていくスタイルでしたが)、敵もおじさん3幹部含め個性的で先が気になるような話の展開だったので、18話の玉置がデッドマンと分離する回までは楽しく見ていました。

しかしそこから約8ヶ月経ち最終回が終わってみれば、消化不良の状態でまた1年経ってしまいました。なぜこのような心境に至ってしまったのか、各論的にはなりますが振り返っていきたいと思います。

 

悪魔や契約の定義

 まず、仮面ライダーバイスという物語を語る上で切っても切り離せないのが「悪魔」そして「契約」という言葉。リバイスではこれらの言葉の定義についてちゃんと説明されておらず終始扱いがフワフワしていたんですよね。
一般的な人間と悪魔はこういう関係の元存在しているものですよ、とか悪魔との契約はこういうロジックで成り立っているんですよといったことが説明されないので、ギフの末裔である五十嵐三兄妹の悪魔と一般人の悪魔では何がどう違うのか、基本ルールと例外の差が全然伝わっていない。だからバイスたちが悪魔や契約にまつわる要素の話をしても、悪魔全体に共通した話なのかギフの末裔から生まれた悪魔限定の話なのか、はたまたその悪魔特有の話なのかがさっぱり分からないんですよね。
こういう根っこの設定が固まっていないと、枝葉の部分の話をされてもどんな感情よりも先に「分からない」が勝ってしまい、そして「言ったもん勝ち」じゃないかという冷めた感情が湧いてしまう。狩崎真澄の悪魔を分離してジョージに移植したという話なんかその最たる例ですね。

 

結局ギフは何がしたかったのか

 第1話からその存在は示唆されていた本作品の敵ボスであるギフ。そもそもギフは最初「全ての悪魔の祖」みたいな扱いされてましたけど、蓋を開けてみたら悪魔をエネルギー源とする地球外生命体という位置づけでした。これまでのギフの行動の経緯を整理すると、

(1)元々人類と友好的な関係を結びたかったため約3000年前に赤石やアヅマにギフと人間の橋渡し的な役割を担わせた。
(2)しかし人類に恐れられ拒絶された結果人類に失望。赤石とアヅマに不老不死の力を与え、人間との再コンタクトの時期を委ねて中南米で自ら長き眠りについた。
(3)現代でデッドマンズやフェニックスを利用した赤石によりギフを復活。
(4)ギフは、「人類が進化すればするほど闇が極まりこのままだと自ら破滅し絶滅する」と考え調整と称して五十嵐家以外の人類を全滅させようとする。


といった流れでしたが、個人的には(4)がよく分かりませんでした。
ギフと人間、悪魔の関係は現実世界で例えるなら「人間と牛と牛乳」、「人間と鶏と卵」の関係に近いように見えます。(ギフは別に人間の世話なんてしていませんが)
そう考えたときに、牛や鶏が年月を減るごとに同族同士で互いに争い合って結果としてその数を減らしていったとしても、人間は「じゃあ牛や鶏をごく一部だけ残してあとは全部殺処分してしまおう」という発想にはならない訳で。
でもギフは人間に対してそれをやろうとしている。これが元々人間に対して敵意むき出しのがやることなら納得はできなくても理解はできる。だけどギフのやろうとしていることは論理として筋が通っていないので理解すらできない。
五十嵐家だけ残してもギフが食糧難であることは変わらないし、そもそも調整という名目で人類の人数を減らしたところでなぜ人類が今後自滅しないと言い切れるのかも分からない。そんなことするくらいならギフはそのまま眠りについていたほうがまだ幸せではないのか。
上記の経緯が判明したのも自発的に喋るようになった終盤も終盤ですし、その後は割とすぐに五十嵐三兄妹によってあっさり倒されてしまったので、敵のボスとしては非常に扱いが軽く感じました。こんなオチにするくらいなら1年間引っ張る必要は全然なかった。

 

著しい敵不足

 中盤以降リバイスが退屈になってしまった理由の1つとして、敵が全然代わり映えしないというのがあります。序盤のデッドマンズ崩壊までは各回の一般デッドマンや幹部たちがいたので特に問題はありませんでした。しかし、デッドマンズ崩壊以降は空気階段回と声優回以外は一般デッドマンは出ず、ほぼオルテカ、ギフテリアン、ヘルギフテリアン、ギフデモスしかいない状態だったので、戦闘シーンが代わり映えせず敵も味方も不自然に撤退する展開が多かった。これじゃヒーローたちの強さも伝わってこないし、それぞれの敵をどうやって攻略していくかという面白みも生まれないですよね。

 

日本一のおせっかいと記憶喪失設定

 本作の主人公である一輝ですが、個人的に「仮面ライダーとして味方の中で最強の戦力」以外の印象があまり持てなかったなというのが正直なところ。
制作陣としては一輝を「日本一のおせっかい」キャラに見せたつもりなのかもしれませんが、自他共にひたすら一輝のことを言葉でおせっかい呼ばわりするばかりで、言うほどおせっかいなことしてないんですよね一輝。というかもう少し正確な言い方をすると、ヒーローとしてはごく一般的なおせっかいレベル。言ってしまえばヒーローって多かれ少なかれおせっかいなんですよ。だけど一輝はそこを抜けるほどの「日本一のおせっかい」をしてましたか?って考えると答えはNO。
最終話でバイスに似たアヒルを勝手に捨てようとするところなんかは、バイスのことを覚えていないことを考慮してもおせっかいというより人のものを勝手に捨てようとするただの無神経ですし。こういうキャラ付けって言葉で言わせるだけじゃなくてちゃんと行動で示さないと受け手としては納得できないんですよね。
例えば最近TTYOでも配信が始まった龍騎では、第1話で主人公の真司が他人同士のバイクの事故に首を突っ込んでいる描写がありますがああいう行動の方がよっぽどおせっかいと言えるのではないかなと。

また記憶喪失関連の設定についても、主人公に重い設定を背負わせたいという意図があるのかもしれないですが、周りの設定がグダグダ。なぜバイス自身が契約の内容を把握していないのか理解できないし、なぜ一輝の記憶が消えたら写真から一輝が消えるのかも分からない(消えるとしても家族の方では?)し、契約満了したら代償となっていた記憶が戻る理由も分からないし、終盤になるまで一輝が変身に葛藤している様子が見られない。結論ありきで適当な設定作るのは本当に止めてほしいですね。

 

バイスとジョージのキャラ設定

 この2人については初期のキャラ設定からの変化の仕方が上手くなかったなというのが率直な感想。
バイスは早い段階で一輝と完全に仲良し状態になってしまったので、もしかしたら裏切られるかもしれないという緊張感が全く無く、中盤以降ほとんど賑やかしに徹した感じになってしまっていたのがもったいないなと。一応一輝の記憶喪失や契約周りの話は数回やってはいるものの、前述の通り設定がガバガバすぎてバイスにも一輝にも感情移入できないのが辛いところ。
ジョージについては、初期のマッドサイエンティストキャラのままだったら終盤のジュウガの一件もまだ「こいつならやるかもしれないな」と思えたんですが、大二やさくらを援護すべく自らデモンズに変身したり、ヒロミにリスクを教えずにデモンズを使わせたのは赤石の命令でやったことだと一輝たちに謝罪したり(その後ヒロミ本人とも和解)と良い奴感を出してきてからやられても違和感しかない。通り魔的なことする前に周りに相談できるだろと思うし。
あとジュウガの一件後のヒロミとジョージの距離の縮まり方はあまりに極端すぎて微笑ましさより不気味さの方が勝ってしまいました。

 

大二の離反とカゲロウ復活

 大二の反抗期は本当に長かったです。ただ一番問題だったのは期間が長かったことそのものではなくて、大二の考え・意志がはっきり見えてこなかったところ。
まず赤石の軍門に下るきっかけになったのは、第35話で赤石の会見を襲撃して返り討ちにあったところでしょう。まあそこでギフには敵わないと絶望してしまうのは仮に百歩譲るとしても、一輝とバイスがアルティメットリバイスになって赤石をも圧倒する力を得たのにもかかわらず、頑なにギフには敵わないという姿勢を変えない理由が分からない。
もしカゲロウを失ったことでこういった物事の善悪が正しく判断できなくなったというのだとしても、そもそもそういった心の正負のバランスをとれるよう、カゲロウの非情さを引き継がせるために大二とカゲロウは戦ったんじゃないの?

味方サイドに戻ってくるきっかけになったカゲロウの復活も、それ自体が第26話全否定である上に「やっと俺が必要だってことに気づいたか」というカゲロウの発言も第26話と矛盾してるんですよ。あのとき対決を持ちかけたのはカゲロウの方で、大二はカゲロウとの共存を望んでたよ...?
朱美さんの死(一輝が殺したと誤解)であれだけ激昂していたのに、それ以降全く朱美さんに関して触れられなかったり、ギフを倒す方法として異空間のゲートに封印することを提案(当然ギフはゲートを開けられる)してさすが大二的な扱いを受けていたりしたのもそうだけど、話運びとして繋がりがなさすぎてあまりに不自然。

 

ヒロインの見せ方

 さくらはしょっちゅう叫んでいる演技があったせいか、ヒステリックなイメージが非常に強くなってしまったキャラでした。「ギフに味方するやつ全員ギッタギタにしてやる」発言をした花にしてもそうですが、どうもこの作品は「強い女性=叫ばせたり暴言に等しいキツい言葉を言う」ことだと考えている節があるように感じます。
また、さくらは小さい頃の夢が「無敵」で劇中でもしょっちゅう無敵無敵と連呼してましたが、これも一輝の「日本一のおせっかい」と同じで上辺の言葉だけ。実際にはすぐ床ゴロしてしまうことが多かった印象でした。

一応終盤ではインビンシブルジャンヌにパワーアップする回がありましたが、この回でのさくらはラブコフを「守るべき弱い存在」だと決めつけていて、ラブコフと対話することでこれからラブコフも一緒に戦おうと決意する、みたいな流れでした。
だけどラブコフってこれまでも武器になって散々ジャンヌと一緒に戦ってたのに、そこについてどう考えているのかが全然見えてこなかったんですよね。まあそもそもこういう相棒と対話して成長する回をこんな終盤でやったり、ギフの退場回と一緒にやる意味もわからないんですけど。
せっかく出たインビンシブルジャンヌももっと活躍するのかと思いきや次の回でジュウガにボコボコにされて床ゴロしてましたし。

あと最終回で医者を目指す話出すのもあまりに脈絡がなさすぎますね。もし仮にジャンヌ初変身回の空手道場の師範代がきっかけだとしても、30話以上間があったんだからその過程はちゃんと描写しておくべきだった。


ヒロミの空白期間と体年齢問題

 本編でのヒロミ退場からの流れは、オルテカにやられ崖から落ちて生死不明→伝聞でヒロミが生きており実家に戻っていたことが判明→第37話で復帰、という形でした。

一方Blu-rayBOXに入っているスピンオフ作品「DEAR GAGA」で描かれているのはヒロミが実家に戻って以降の話なので、「崖から落ちた直後~実家に戻るまで」の描写がどこにもないんですよね。復帰させる以上はせめてどうやって助かったかの描写は本編で入れておくべきだし、ましてやスピンオフですらそこに触れられてないのはいかがなものかと。
復帰後も、体年齢80歳オーバーという設定があるのにもかかわらず急に弓矢を渡されてアーチャーとして戦いだしたのはちょっとよく分かりませんでした。大二を説得するために決死の覚悟でデモンズに変身したのは良いとしても、前線に出るのはそこだけにしておかないとわざわざ体年齢80歳オーバーにした意味がない。そうやって前線に立たせている割に、第47話のウィークエンドの引っ越し作業でだいぶキツそうな様子だったし。弓矢で前線出るのはOKだけど引っ越し作業はNGな体年齢80歳オーバーって正直ピンとこないし、話の都合で動かされてるなって感じてしまう。

 

オーバーデモンズの変身者

 オーバーデモンズが出るという情報が出たとき、ウルフデッドマンから分離して以降長らく戦闘に参加できなかった玉置がついに変身して一輝たちと肩を並べるのだと期待していました。ところが蓋を開けてみれば変身したのは牛島光。彼は確かに1話から出てはいたものの、ここまでほとんど人物の掘り下げなんてされてないからほぼモブ同然の状態。
それなのに光が変身者として選ばれ、このオーバーデモンズだけ初変身の祝福コメントが寄せられているのを見ると、なんか事務所パワー的なアレを疑ってしまいます。

www.tv-asahi.co.jp

光に比べたら玉置の方がよっぽど一輝たちの近くで動きやすい立ち位置にいたし、オルテカに親友を殺されギフテリアンへと変えられたという背景もあり、オーバーデモンズとして戦うための要素は揃っている。それなのにひたすらコメディパートばかり割り振られ、戦闘ではないがしろにされ、ちょいちょい出ない回もある玉置が不憫でしょうがなかったです。


ウィークエンドの存在意義

 ウィークエンドって第三勢力的な立ち位置で出てきた割に、結局いてもいなくてもあまり変わらなかった印象が拭えない、そんな組織でした。五十嵐家からはさくらが加入しましたが、加入前後でやること変わったかというとそういう訳でもないですし、ウィークエンドにいるからこそできることも特にない。

牛島家も「しあわせ湯の常連さんが実はウィークエンドでした」以上の掘り下げは最後までほぼないままだったし、特に牛島母(公子)なんて降板したのかと思ってしまうくらい出ない回が多い。
組織のトップである狩崎真澄に至っては、花に対して「アギレラであったことを誇りに思いなさい」という謎発言をかましたり、この世から消えてもずっと息子と共にいたいという理由で息子に自分の悪魔を移植するという奇行をするような人。
後者についてはそれ自体は真澄自身後悔はしているものの、そもそもこれをしたのってギフの細胞を純平に埋め込んだことに贖罪の意識がある時点の行動な訳で、傍から見てると全然反省してないじゃんって思ってしまいます。

 

スピンオフの多さ

 TTFCのプロデューサー座談会での望月P曰く、テレビ本編の他に常に別の作品が動いている状況だったとのこと。スピンオフ作品をやること自体は否定しませんが、それはあくまで本編の出来が良い前提の話。スピンオフをやるには当然その分人員も時間も割かれる訳で、それで本編のクオリティーが下がってしまうのは本末転倒。ましてや、スピンオフを見ないと本編の話が分からないようなことはあってはいけないんですよ。

スピンオフ作品が多いのはリバイスに限った話ではありませんが、今回は元東映APさんの過重労働・ハラスメント被害問題が直近で起こっているのもあり、より真摯に対応していかなきゃいけない問題なんじゃないかなと思います。

 

さいごに

 各回の感想と今回の振り返りで、概ね書きたいことは書けたかなと思います。現状令和ライダーは序盤が良くても中盤以降失速する傾向にあるという印象がより強まってしまったのは何とも悲しいところ。
これから冬映画やVシネもまだありますが、設定無視とか本編でやってきたことを台無しにするような展開にはしないでほしいなというのがせめてもの願いです。