ちらしのうらのせかい

特撮のことから日常のあれこれまで、気ままに綴っていきます

仮面ライダーオーズVシネマ「復活のコアメダル」感想 この作品で描かれた”いつかの明日”とは

 TV本編から10周年を迎え、2021年11月の東京国際映画祭で制作が発表された仮面ライダーオーズ 「復活のコアメダル」。キャスト・スタッフ陣、あらすじ、新フォームなどの情報が公開される中期待と不安の間で揺れる4ヶ月を過ごし、満を持して迎えた劇場公開日。

実際にこの目で見た直後は困惑の思いが大きくなかなか気持ちの整理がつかなかったのが正直なところで、少し時間を経た今ようやく自分の中でもこの作品への思い整理できてきたので、一感想として残しておきたいと思います。

 

まず結論から言うと、個人的にはこの作品に対しての評価は賛2:否8くらいの比率で否寄りです。2割の賛の理由はオリジナルキャストがほぼ勢揃いしたこと、そしてそのキャスト陣の演技力の高さ(現役で役者業をされている皆さんはもちろん、現在既に役者の仕事をほとんどしていないメンバーも当時と遜色ない演技が見られた)が全てで、否に至った理由についてはこの後述べていきます。

 

この作品の結末

 今作では「復活のコアメダル」ということでアンクの復活に焦点を当てたストーリーとなりましたが、この場合大筋の結末としては以下の4パターンが考えられると思います。

①アンクが復活、映司も生存

②アンクが復活するも再び消滅、映司は生存

③アンクが復活、映司は死亡

④アンクが復活するも再び消滅、映司も死亡

②に関しては、MOVIE大戦MEGA MAXや平成ジェネレーションFINALで既にやっている内容なので、これをやったところで二番煎じ、三番煎じにしかならない。

となると候補は①③④のいずれかになりますが、オーズ10周年記念で新作やるぞ!ってタイミングで③④をやるか普通?って率直に思うんですよ。確かに映司は畳の上で死ねるタイプの人間ではないだろうなとは思うけどさ…

特にオーズは東日本大震災当時にやっていた仮面ライダーということもあり、辛い時期にこの作品に勇気づけられた視聴者の人もいるでしょう。それをわざわざ10周年記念の新作と期待して見に来た人を絶望に突き落とすような結末にする必要がどこにあるのか。

ただでさえ最近の東映のTV本編外作品の傾向として、ジオウvsディケイドやバルカン&バルキリーのように、とりあえず主要キャラ死なせておけば盛り上がるだろというような安易な思考を感じますし。

 

結末に至る過程の雑さ

 百歩譲って上記の③の結末を描く方向でとしても、今作はその過程だったり設定がすごく雑なんですよホント。死ぬべくして死んだのではなく、最初から映司が死ぬという結論ありきで今回のストーリーが作られている感が見え見えで「なんでそうなるの?」というポイントが多すぎて強い違和感を覚えざるを得ない。

 

人類滅亡寸前という舞台設定

 今回古代オーズとグリードたちによって人類滅亡寸前まで追い込まれているという設定ですが、街明かりがキラキラしててインフラは問題なく使えてそうに見えるし、アイスも普通に生産されてるように見えて人類滅亡寸前感が全くない。その上エンドロールで復興シーンを映す訳でもなく投げっぱなしで終わるので、ただただ絶望感を煽ろうとして中途半端になっている印象しか持てない。

 

古代オーズやグリードたちの復活理由

 「復活のコアメダル」において、事の発端は古代オーズやグリードの復活にある訳ですが、劇中でその理由が全く説明されません。古代オーズも変身者は800年前の王で普通の人間だから既に死んでいるし、グリードたちだって意識の宿ったコアメダルはTV本編で完全に破壊されている訳で、復活するにはそれ相応の理由が要るはず。それなのに、鴻上会長から突如復活したことが説明されるだけで無から涌いて出てきたみたいな扱いなのは雑すぎるでしょ。

特にグリードたちに関してはせっかく復活したのにろくな活躍もせずに古代オーズに吸収されて出番が終わってて、マジで何しに出てきたの状態。唯一ウヴァはゴーダ映司の変身したオーズと戦うシーンがあるのがせめてもの救い。Vシネクストの上映時間枠が短いのかもしれませんが、せっかくオリジナルキャストが勢揃いしててもこんな扱いじゃあまりに不憫。

 

コアメダルの枚数やオーズドライバーの設定齟齬

 今作がMOVIE大戦MEGA MAX(以下、MEGA MAX)と同じ世界線なのかパラレルの世界線なのか分かりませんが、いずれにせよメダルの枚数に齟齬があります。

MEGA MAXと同じ世界線の場合、MEGA MAXの時点で全てのメダルは映司の元に戻っているはず(TV本編で真木博士が取り込んでいた恐竜系メダルについてはMEGA MAX以降全く出てきていないので破壊されている可能性もある)。

MEGA MAXとは別の世界線でTV本編最終回→今作という流れの場合、コアメダルは全て真木博士(恐竜グリード)撃破後に発生したブラックホールに吸い込まれているので、真木博士撃破時に残っていたコアメダルについては何とか理屈づけることはできますが、前述の通りグリードたちの意識が入ったコアメダルはブラックホールに吸収される前に破壊されている(ウヴァに限っては明確にコアメダルの破壊描写はないので不明ですが)のでそこに齟齬が生じます。まあそもそも「いつかの明日」ってMEGA MAXで出てきた台詞なのにMEGA MAXとは繋がってませんってのもなかなか無理あると思うけど。

そして今作でタカメダルはなぜか増殖してます。10枚ある鳥系メダルのうちタカメダルは合計4枚。TV本編で2枚破壊(ロストアンク撃破時に少なくとも1枚、真タトバ変身後に1枚破壊)され、TV本編終了時点ではアンクの割れたタカメダル含め2枚しかないはずなのに、今作では古代オーズが変身に使ったもの、ゴーダが変身に使ったもの、アンクの意識が宿ったものと合計3枚存在している。どういうこと???

あとウヴァのコアメダルがゴーダ憑依映司に素手で割られそうになってたけど、あれも恐竜メダルの力以外で物理的に破壊できないという設定どっか行っちゃってますし。

 

またオーズドライバーに関しては本来一点物のはずなのに、今作ではなぜか映司所有のもの、古代オーズ所有のもの、そして分裂したゴーダもなぜかオーズドライバーを持っていてなんと合計3つもオーズドライバーが出てくる。使用権限という観点でも、本来封印を解いた映司しか使えない設定のはずなのに今作では古代オーズも使うし分裂したゴーダも使っている始末。いくら何でも設定ガバガバ過ぎませんか?

 

見せ場皆無のバースX

 コアメダルを使って変身する強化版バースということでどんな活躍を見せてくれるんだろうと期待していたのに、蓋を開けてみればゴーダ相手にひたすら床ゴロを強いられるだけ。こんな出番しかないなら従来のバースとプロトバースコンビで良かった。わざわざ10年越しにバースの強化フォームを出すのなら、今作のボスポジションのゴーダを圧倒するのは難しくても、それこそグリード4人衆と戦わせて活躍を見せることはできたでしょ。

 

アンクのコアメダルが修復された理由

 アンクの復活を取り扱う上で、「どうやってアンクが復活したか」は避けては通れないし、話の肝だと思っています。それを「そのとき不思議なことが起こった!」で片付けてしまうのはあんまりでしょう。もし映司の命を代償にしてアンクのコアメダルを修復することができるのであれば、そのロジックは示しておく必要があるしそれを外部媒体で補完して理解しろというのであればあまりに横暴。

古代オーズやグリードの復活もそうですが、そういうところはご都合主義にしといて、映司だけは死なせるっていうのはこのストーリーを作った制作陣の死生観どうなってんの?と思わざるを得ない。

 

憑依したアンクを追い出し死ぬ映司と周囲の反応

 個人的に今作で一番納得できなかったポイントはここ。極端な話、古代オーズとの戦闘中に遭遇した女の子を庇ったときに命を落としていたのであれば、それ自体は悲しいことではあるけど納得はできたんですよ。なぜならヒーローとして危険な目に遭っている人を助けるのは自然な行動だから。これは映司だからという訳ではなく、例えば伊達さんだとしても後藤さんだとしても同じ。

しかし実際にはゴーダによる憑依もあって映司は終盤まで生きており、アンクが憑依したことで信吾のように生き延びる道は残されていた。それを自ら放棄することは、TV本編序盤の映司ならともかく、TV本編最終回後の映司なら絶対しないでしょう。

TV本編最終回で映司は、一人ではどんなに大きな力を得たとしても限界があること、一人で背負いこむのではなくみんなと手を繋ぐことで、繋いだ分だけ相乗的に助けられる範囲が広がり、世界のどこまでも手が届くようになることを学び、それこそが自分の欲望であることを自覚したはず。

それなのに今作ではたった一人で自分の命を代償にして(?)アンクを蘇らせ、アンクの憑依を拒んで自ら命を諦めた。(今作のパンフレットの田崎監督のインタビューにある記載によると「死期を悟ったから」だそうですが…)

TV本編最終回後の火野映司という人間なら比奈ちゃんの「また3人で手を繋ぎたい」という願いを守ろうとするためにも、あの状況でアンクを追い出すような真似はしない。ましてや、過去に助けられなかった女の子と同じような境遇の子一人助けて満足するような器でもない。

ユニコーンヤミーのときに映司の夢が巨大な地球の形で実体化したり、大量のセルメダルを吸収して10枚目のメダルで変身したタトバコンボで完全体ウヴァを圧倒したり、(パラレルの可能性が高いものの)将軍と21のコアメダルでベルに対し身内以外の短い間とはいえ共に過ごした人々をも家族だと言い張って救うように迫ったりといったように、映司の欲望の深さはこれまで描写されてきているのに、制作陣(このストーリーを作った人たち)は忘れてしまったのだろうか。もう今作の映司の描き方はTV本編最終回を全否定しているとしか思えないんですよ。

 

ちなみに今作のパンフレットを見ると、脚本家の毛利さんのインタビューで「火野映司という人の背負った「業」が深すぎて、Wのような幸せな結末は迎えられない」という趣旨の記載がありますが、毛利さんの言う「業」とは何なんでしょうか?

また田崎監督のインタビューでは、「楽して助かる命はない」というセリフからアンクが復活できる重い代償は何か考えた結果が今作の結末だという趣旨の記載がありますが、「楽して助かる命はない=等価交換となる代償が必要」という図式になるロジックは拡大解釈だと思いますし、そもそもオーズは元々欲望を何かと等価交換する話じゃない。ハガレンみたいにその辺りの話をTV本編から触れてきたというのであればまた変わってきますけど。仮に等価交換だと言うのだとしたら、アンク復活の時点で映司は死んでないとおかしい。

なんか思いつきで「業」や「代償」という言葉を言ってるだけにしか見えないんですよ。

 

加えて、映司が死ぬ間際の周囲の反応にも違和感があって。なぜ自分の命を諦めた映司の選択をアンクがあっさり受け入れるのか(そもそも憑依したアンクを追い出せるのも謎だけど)。伊達さんは医者なのになぜ棒立ちで何もしないのか。唐突に再登場した映司が助けた女の子がなぜ回想のときとまるっきり同じ格好なのか。これじゃ映司を死なせるにしても全く説得力がないです。

そんな状態で映司が死んだところで物語が終わってエンディングのAnything Goes!を聴かされても、こっちはどんな顔してそれを見ればいいんだ…

 

まとめ

 10周年作品という場で主要キャラを死なせるような作品を出すこと自体そもそもどうなんだろうと思いますが、百歩譲ってそれを良しとしたとしても、映司の死にこんなに納得感のないストーリーじゃ評価したくてもできません。もっと言えば他にもタジャドルエタニティの登場シーンでTime judged allを流さなかったり、上映時間の割に回想シーンに時間使いすぎだったりという点はありますが...

ほとんどご都合主義のオンパレードなのに、映司の死だけはご都合主義を許さなかったり、今作の設定やキャラの描写を見ていて制作陣(今作のストーリーを作った人たち)がオーズをろくに理解してないんだなっていうのを実感させられてしまって、ただただ悲しい。

 

少なくとも私にとっての”いつかの明日”は、ここには無かった。